So-net無料ブログ作成
検索選択

リー・コニッツ参加のECM2枚★★★★★ [Jazz]


がいい。バードランドでのスタンダードナンバーのライブ盤。ブラッド・メルドーを除いて超ベテランたちによるいぶし銀の演奏だ。それにしてもメルドーは、パット・メセニーとの共演にしろ、共演ないしはサイドマンとして参加するアルバムではいい演奏を聴かせてくれるのに、私的にはリーダーアルバムが好きになれないのは何故か?
ところで、同時購入したケニー・ホイーラーの15年前の録音

もいい。偶然、こちらにもリー・コニッツが参加していて、いいアルトサックスを聴かせてくれる。こちらは全曲ケニー・ホイーラーのオリジナルで、ドラムレスの変則編成だが、どちらもECMらしいセンスあふれる名演だ。
★★★★★
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。