So-net無料ブログ作成

ベースでジミヘンを弾く! [Jazz]

51LmnrrwmwL__AA115_.jpg
日曜日に姪の結婚式で東京に出たついでに、CDの半額レンタルクーポンが来ていたので、久しぶりにTSUTAYAの西五反田店に行って何枚か借りてきた(この店はJAZZのCDがどこよりも豊富!)。そのうちの1枚がブライアン・ブロンバーグのプレイズ・ジミ・ヘンドリックスというアルバム。2年以上前の作品だが、当時JAZZ専門誌の新譜レビューで読んだのを覚えていた。
ブライアン・ブロンバーグという50過ぎの中年ベーシストのアルバムを聴くのも初めてだし、ジミヘンは高校時代に見たウッドストックの映画での「星条旗よ永遠なれ」の演奏が強烈に脳裡に焼き付いているとはいえ、彼の死後輸入盤のLPを1枚買って聴いただけに過ぎない。でも、聴いた瞬間、はまってしまった。ベースとドラムのデュオとのことだが、多重録音なのは理解できるものの、どう聞いてもギターの音としか聞こえない強烈な音が全編に流れている。不審に思って解説を読むと、ベースにディストーションをかけるとこういう音が出るとかで、彼の得意技のひとつだそうだ。
まあ、ガンガンのロックだけれど、ブライアン・ブロンバーグはあらゆる種類のベースをいとも簡単に弾きこなしていて舌を巻く。こんな凄いベーシストを今まで知らなかったとは……
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0