So-net無料ブログ作成

職人芸=匠の技を極めたチック・コリアのTHE VIGIL [Jazz]

真の天才アーチストは常に自己との妥協なきたたかいを続け、革新を求め続ける。ジャズ界の帝王=マイルス・デイビスはその典型であり、彼の音楽は死ぬまで変化し続けた。コルトレーンもしかり。そして、その天才の重圧に耐えきれなかった者は、チャーリー・パーカークリフォード・ブラウンのように夭逝した。
マイルスなきジャズ界の頂点に君臨し続けているのはチック・コリアであるといってもいいであろう。しかし、彼はマイルスやトレーンのような天才ではなかった。彼の音楽は1970年代のRTFから基本的に変化していない。しかし、彼はアコースティックサウンドとエレクトリックサウンドでそれぞれ独自の境地を切り拓き、その芸を極め続けてきた。いってみれば彼の音楽は職人芸=匠の技だ。
THE VIGIL.jpg彼はここ数年、RTFの再結成や様々なデュオ活動など技を磨き極める活動に精力的に取り組んできたが、THE VIGILという作品は久しぶりに若手の気鋭を集めたオリジナルバンドの新作だ。ここで彼は今までの彼の2つの範疇、アコースティックサウンドとエレクトリックサウンドを見事に融合させることに成功させた。彼の演奏は両者の間を自由に行き交い、聴く者に違和感を覚えさせない。
しかし、私が最も気に入った曲は、6番目のPledge for Peaceだ。これだけはメンバーにbの盟友、スタンリー・クラーク、tsにコルトレーンの次男、ラヴィ・コルトレーンを迎えているのだが、この曲だけをいきなり聞かされたら、70年代後半のマッコイ・タイナーエルビン・ジョーンズロン・カーターに天からトレーンが降臨したかと思われる力強い演奏が17分半も繰り広げられる。圧巻だ。ラヴィをゲストに迎えたのでこういう演奏になったのだろうが、チック・コリアの意図は謎だ。
その点も含めて、刺激的な1枚だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0