So-net無料ブログ作成

民進党リベラル派は自由党リベラル派、社民党+リベラル市民と「市民民主党」結成を! [Politics]

小池にまんまと嵌められた前原
小池新党が選挙戦をたたかうのに必要な供託金をはじめとする資金に困っていることは、すでに一部で報じられていた。新党志願者には供託金を用意するようにと注文をつけられたとも言われている。そんな小池新党にとって、民進党に交付予定の100億円近い政党交付金は、喉から手が出るほど欲しい獲物だったに違いない。
一方、離党ドミノが止まらない民進前原は、自分のポリシーにそぐわない共産党を含む野党共闘に活を見出すよりも、新党ブームに便乗しようとして小池に接近した。まさにカモがネギならぬ100億円を背負ってきたようなものである。かくして前原誠司は、立憲政治と民主政治の解体に手を貸す、後世に語り継がれるかもしれない翼賛政治化、中道野党第一党・民進党をぶっ壊す愚挙に打って出ることになったのである。

極右2大政党制によって明治回帰に大手の日本会議
こうして世界に類を見ない極右2大政党制を目論む「希望の党」の登場によって、今度の総選挙の焦点が「小池ブーム」、「日本初の女性首相誕生か?」といった部分に当てられることになり、その結果、森友疑獄加計疑獄が完全に背景に追いやられそうな状況にある。承知のように、アベ「自民党」、「希望の党」の背後には、日本会議という日本最大の極右ヘイト好戦差別者集団が控えている。彼らにとっては、改憲をメルクマールにして、戦後民主主義の全否定、個人主義から家族主義への回帰、反戦平和を許さない戦争のできる国づくり、といった明治回帰の実現を、アベと小池の両天秤で確実に手にすることを可能にしたわけである。

今治.JPG

市民民主党、党首には山本太郎を!
こうした絶望的状況において、左派、リベラル派は、なすすべもなく拱手していていいのか? 北朝鮮情勢をはじめとして世界情勢がますます流動化するなか、このままでは日本は、真っ先に戦争に巻き込まれるどころか、その最先端で戦う道を突き進むことになるだろう。
民進党内リベラル派は自由党リベラル派と社民党に、この間、反戦争法、反共謀罪等でともにたたかってきた市民らとともに、護憲、平和、民主主義擁護の市民民主党結成に今すぐ着手し、選挙では共産党と戦略的共闘関係を結んで、100議席を目標に選挙戦をたたかうべきだ。そして、モリカケ隠しを許さず徹底追及し、アベ退陣を勝ち取ろう。
欧米では左右中道問わず、30代、40代の政治リーダー、野党指導者が珍しくない状況だ。そういう意味でも、市民民主党党首には山本太郎自由党共同代表以上にふさわしい人物はいない。この際、彼は参議院から衆議院へ鞍替えして立候補し、選挙戦の先頭に立ってたたかうべきだ。特別国会での首班指名選挙では、共産党も山本太郎首相に異論はないだろう。
この国から民主主義の灯を消してはならない。今、左派、リベラル派が団結して踏みとどまることで、次の反転攻勢が可能になる。逆にいえば、日本の民主主義には後がない。今が正念場だ。

nice!(1)  コメント(0) 

右急斜面新党雪崩ー左派・リベラル派は第三極を死守し、希望を取り戻せ! [Politics]

大政翼賛会へと雪崩打った1940年的様相
政局がにわかに1940年的様相を帯びてきた。小池「希望の党」に民進党が合流する方向で調整を進めているらしい。「希望の党」には小泉純一郎はもとより、小沢一郎、菅直人まで色目を使っている。今のところ、民進党内リベラル派からは離党して市民共闘の新党結成などという動きは一切聞かれない。毎日新聞の最新の世論調査でも、衆院選の投票先として「希望の党」は18%で「自民」の29%に次いでいる。今後、さらに支持を伸ばすことが予想される。まさに政友会、民政党が「勝ち馬に乗り遅れるな」と雪崩打って大政翼賛会へと合流していった1940年の悪夢を思い起こさせる。
小池はアベにも劣らない無責任さで都知事を辞任して選挙に出馬するとの噂も聞こえ、このまま進むと6月の都議選の再演で、「希望の党」が第一党に躍り出ることも十分にありうる。その場合、アベ「自民」の敗退は不可避で、念願のアベ退陣は実現するだろうが、日本会議が陰で操るアベ「自民(公)」+小池「希望」の極右改憲勢力が、大政翼賛会同様に議席の8割を占め、「小池首相」の誕生というような悪夢も現実と化すかもしれない。

左派・リベラル派は市民新党結成を!
こうなったら、左派・リベラル派に勝ち目はない。左派・リベラル派はアベ打倒とともに、衆議院に一人でも多くの左派・リベラル派議員が占めることを目標に、新党結成及び戦略的共闘を実現しなければならない。
具体的名前は控えるが、民進党内にも「希望の党」への合流をよしとしない強固な護憲派が少なからず存在するものと信じたい。この期に及んで自己保身及び「護憲派の議席を守るため」という名目で「希望の党」に身を置くことはナンセンスの一語に尽きる。2002年の民由合併時には自由党内極右派議員も民主党へと合流して次第に淘汰されたが、今度はその逆の憂き目を見ることは火を見るより明らかだ。また、2012年末の野田自爆解散の折には、民主党から未来の党とみどりの風が分離したが、この期に至って分裂は許されない。小異を捨てず大同につくことが要だ。
民進党内リベラル派+自由党共同代表・山本太郎+社民党に、この間野党共闘を訴えてきた市民連合をはじめとする市民団体・市民がより主体的に参加することによって市民新党を結成する以外に生き残る道はない。できれば共産党も百年近い歴史に終止符を打ち、イタリア共産党→左翼民主党→民主党の例に倣って合流するのが望ましいが、それは望み薄だろう。そうであれば、次善の策として、アベ政権打倒・憲法と民主主義の擁護・即時原発ゼロ・消費税引き下げ・大企業と富裕層への増税・北朝鮮への融和政策等で政策協定を結び、統一名簿を含む選挙協力を実現する以外にない。
問題は供託金をはじめとする選挙資金だろうが、アメリカのようにクラウドファンディング形式で全国の有志市民から募ればいいのではないだろうか? また、小池旋風に対抗するためには、現職議員以外にはできるだけ知名度の高い候補を立てなければ、地盤も看板もない候補者に勝ち目はない。それこそ、前川喜平氏・古賀茂明氏・金子勝氏・白井聡氏・室井佑月氏・山口二郎氏等々といった錚々たる候補者を擁立しなければ、数十議席の獲得は無理だろう。そうした方々にはこの国の危機と国民、とりわけ次世代を救うために身を挺する決意をしていただく必要があろう。

左派・リベラル派が民主主義と個人主義を守り育てる
世界でこの国ほど保守的な国民を私は知らない。戦後の混乱期には他国なら革命が起きていただろうがこの国には起きず、天皇制と財閥、戦争犯罪人が延命し、55年体制成立後の「保革対決」の時代には、実質的に革新勢力は保守の2分の1の地位に甘んじてきた。そうした保守王国を支えてきた精神風土は個人主義と結合した民主主義ではなく、明治期に再編強化されたムラ社会と家族主義の結合であった。
今、極右勢力の台頭の前に、民主主義・個人主義がムラ社会・家族主義に飲み込まれようとしている。その先にあるものは個人が国家に従属して命を捧げる専制政治にほかならない。つい2年前の戦争法=安保法制問題の折には観念でしか語られなかった戦争が、今や北朝鮮のミサイル・核問題を前にして、にわかに現実味を帯びた問題として国民の前に提示されている。今こそ左派・リベラル派が反戦・平和を声を大にして叫ばなければならない。
そしてまた、森友疑獄加計疑獄問題を選挙後の新体制でも執拗に追及し、たとえアベが野に下りたとしても、議員辞職、逮捕・投獄まで追い込んでいけるのかも、ひとえに左派・リベラル派の頑張りにかかっている。この国から民主主義の火を消してはならないのだ。

nice!(0)  コメント(0) 

個人を「家」に従属させる戸籍制度の廃止を! [etc.]

時代遅れで差別の象徴
無戸籍者問題、婚外子問題、同性婚や夫婦別姓問題、はたまた蓮舫氏の国籍問題等、戸籍に関わる問題が時々にクローズアップされるが、なぜか戸籍制度そのものが問題視されることはほとんどない。
古代中国に始まった戸籍制度は、かつて東北アジアの国々で一般的に見られたが、韓国が「父系血統主義に立脚した正当な理由なき性差別の制度」との最高裁判決に基づき2008年に廃止された(北朝鮮は朝鮮民主主義人民共和国建国時に廃止)のをはじめ、台湾も実質的に形骸化、現在、戸籍制度が残るのは中国と日本だけである。(中国では戸籍制度をめぐって様々な議論がある。)
日本では古代律令制国家で中国にならい戸籍制度が取り入れられたが、封建制時代を通して定着することはなかった。現代の戸籍制度につながるのは、1871年に制定された戸籍法だ。安倍晋三を戴く極右勢力が明治回帰を主張することからも明らかなように、戸籍制度とは個人を「戸」、つまり「家」単位で括って国民を管理する制度にほかならない。戦後、「戸主」は廃止されたがそれは「筆頭者」という形で形式的に残されている。戦前の大家族主義は戦後、夫婦を基本単位として結婚による配偶者の入籍と新戸籍の編制という形に変わったが、それは戦前の「分家」と基本的に変わらない。
また、戦前の戸籍法では身分欄があり部落差別の根拠となったように、戸籍制度は身分差別とも分かちがたく結びついている制度だ。そもそも身分制度が廃止された明治以降も身分差別が温存されたのは、ひとえに戸籍=出身地による地域差別に形を変えてそれが残存したからにほかならない。

家族主義の復活を許さず〈個〉の確立のために
東アジア各国で、上述したように21世紀に入って戸籍制度が廃止されたり見直されたりするなか、なぜか日本だけは戸籍制度そのものを問う議論がほとんど聞かれない。そして、日本では戸籍制度は全く形骸化もしていない。部落差別を助長しない観点から、入社時などに戸籍謄本の提出を求めることは基本的になくなったが、パスポートの発給申請、離婚届・転籍届・養子縁組届・認知届を他の市区町村にするとき、相続人(被相続人)になったとき、家事手続の審判(成年後見制度、氏名・性別の変更など)を受けるとき、生命保険金を請求するときなどのほか、公営住宅入居時や奨学金申請時など家族関係の証明が必要なときなど、戸籍謄抄本が必要なことは人生の様々な場面に発生する。
だから戸籍制度は必要なのだという声が逆にあるかもしれないが、たとえば韓国では、戸籍制度が廃止された後、従来からあった住民登録制度(住民登録票)以外に、家族関係登録簿というものがつくられ、基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書が戸籍謄抄本に代わる証明書類として発行されるようになった。あくまで個人を基本単位とした民主的なシステムである。
「家族は助け合わなければならない」という家族主義の改憲をめざす安倍晋三を戴く極右勢力が台頭するなか、個人の自由と主体性、人権を基本とする真の民主主義をめざす市民は、今こそ前時代的で差別主義と家族主義を本質とする戸籍制度の廃止を掲げ、リベラルな政党はそれを政策目標として掲げるべきだと強く思う。

nice!(0)  コメント(0) 

最近ダウンロードしたアルバム(2) [Jazz]

B.jpgEkkehard Wölk Trio Another Kind of Faith★★★★☆ Ekkehard Wölkは1967年生まれのドイツ人。幼い頃からピアノを始め、バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、ドビュッシー等クラシックを学び、ハンブルグ大学、フンボルト大学で音楽学を学んだという経歴の持ち主。フルートやクラリネット、チェロを加えたこのアルバムも、バッハをはじめクラシックの香り立つ演奏が全編に溢れている。クラシックの曲をジャズにアレンジした演奏は昔からあるが、クラシックの要素を取り入れたオリジナル曲を演奏するジャズミュージシャンは珍しい。

C.jpgGerald Beckett Oblivion★★★★☆ ジャズフルーティストGerald Beckett のスタンダード集。彼はアルトサックスからフルートに転校した後、サンフランシスコ音楽院でクラシックの基礎を学んだという。コンボとしての演奏は凡庸だが、スタンダード曲をフルートでアレンジした新鮮さがある。とりわけ、オープニングのマイルスの名曲So Whatは秀逸。

E.jpgSimon Millerd Lessons and Fairytales★★★★★ アメリカのトランペッターSimon MillerdによるドイツのPablo Held Trioとの共演。他にギターやテナーサックス、バスクラリネット、ボイスが加わる。全編SimonのオリジナルによるECM的なヨーロッパジャズの色彩濃い演奏に貫かれている。

D.jpg松本圭司 STARGAZER★★★★☆ T-SQUAREでキーボードを担当していた松本圭司のリーダーアルバム。典型的な日本のフュージョンミュージックだが、アコースティックなサウンドを前面に出しており、またSTARGAZERのタイトル通り12星座をイメージして作られた曲が心地よく響く。

A.jpgADAM at × PHONO TONES Dr. Jekyll - EP★★★★☆ キーボーディストADAM atとPHONO TONESとのコラボアルバム。分かりやすいジャパニーズフュージョン。後半2曲で聞かれるPHONO TONESのPedal Steelの音色が印象に残る。

F.jpgJemal Ramirez African Skies★★★★☆ ドラマーJemal Ramirezのリーダーアルバム。典型的なメインストリームジャズがCD2枚分、118分続くが、セクステットのメンバーのうち、バイブのWarren Wolf, Jr. の演奏がとりわけ光っていて、このアルバムによいアクセントを与えている。

nice!(1)  コメント(0) 

北海道避暑生活 [Photograph]

元々自律神経が弱くて夏が苦手な上に、向精神薬によって夏の活動範囲が著しく狭められた私は、猛暑が予想された今年、念願の北海道避暑生活を実現した。7月上旬から約2ヶ月、パラダイスな日々を過ごせた。ありがとう、北海道!

森林公園.jpg

森林公園2.jpg

森林公園3.jpg

野幌森林公園


藻岩山.jpg

藻岩山2.jpg

藻岩山・夕景夜景


旭山動物園.jpg

旭山動物園2.jpg

旭山動物園


nice!(0)  コメント(0)