So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

パンソリはこんなにジャズだった!-Near East Quartet [Jazz]

IMG_3025.jpg今年創立50年目を迎えたECMから、韓国人のアルバムが初めてリリースされた。Near East Quartetというグループで、リーダーのソン・ソンジェ(サックス)はバークリー音楽大学で学び、同じボストンのニューイングランド音楽院に学んでいたチョン・スウク(ギター)と出会い、2009年にグループを結成、2015年に女性ドラマーのソ・スジンとボーカルのキム・ボリムが加入したという。

韓国と日本におけるジャズの受容
第2次大戦後、同じアメリカ軍の進駐を受けてジャズが流入した日本と韓国であったが、戦前からジャズを受容してきた日本では、戦後、一気にジャズ文化が開花し、ジャズ喫茶があちこちにできたり、渡辺貞夫や穐吉敏子のような世界的ミュージシャンを輩出してきたのとは対照的に、韓国ではジャズは大衆の中に根づかず、90年代前半に在韓経験のある私にとっても、この両国の違いはどこに根ざすものなのか、長年抱いてきた疑問点であった。同じ大衆音楽でも、両国は演歌からはじまり、JポップやKポップなど共通した音楽情緒基盤があるだけに、なぜジャズだけは例外なのか、いまだにその謎は解けていない。
しかし、その韓国でも、今世紀に入って、海外で本格的にジャズを学ぶミュージシャンが出てきて、ようやく大衆にジャズが音楽の一ジャンルとして受容されつつある感がある。

みごとECMサウンドに融合
本アルバムの最初の曲は、エレクトロニカルな曲調のギターとサックスの演奏だ。しかし、2曲目が始まると、女性のハスキーな独特の抑揚を持った韓国語の歌が聞こえてくる。何とパンソリではないか! しかも、バックの幻想的な演奏との違和感が全くない。70~80年代にヤン・ガルバレクが北欧のフォルクローレをジャズで叙情的に奏でたように、みごとECMサウンドと化している。
全8曲のうち、キム・ボリムのパンソリが5曲を占める。特にソン・ソンジェがバスクラリネットを吹いている3曲目の「パラム」は、ソ・スジンがマレットで太鼓(プッ)のようにドラムを叩き、最後にはキム・ボリムがチン(鉦)を叩くなど、最も韓国的趣向を凝らした演奏。
このアルバムでは全体にスローで幻想的な曲調が貫かれているので、キム・ボリムのパンソリも抑制的なものばかりだが、YouTubeで検索してみると、軽快な語り(アニリ)に乗せたけっこうハードな曲も聴かれ、それもなかなかいけている。
それにしても、韓国の伝統芸能であるパンソリが、これほどジャズであったとは驚きである。過去にサムルノリが日本のジャズミュージシャンと共演したこともあったが、意外性はその比ではない。そういえば、1993年に公開された韓国映画「西便制(ソピョンジェ)」で、最後に見せる主人公ソンファの歌唱とトンホの太鼓(プッ)の激しい掛け合いは、まさにジャムセッションそのものであった。



nice!(0)  コメント(0) 

Jジャズの牽引役 Ai Kuwabara the Project / To The End Of This World [Jazz]

ai.jpg桑原あいのザ・プロジェクト名義の初アルバムで、管楽器やストリングス、女性ボーカル、さらにはラップを起用し、従来のトリオプロジェクトの枠を打ち破って新境地へと誘う作品だ。トリオプロジェクトは事実上ベースの森田悠介とのコラボレーションで、ふたりのバトルが生み出す化学変化が聴きものだったが、本作ではより大きな編成の音楽に挑むことで、桑原自身の音楽性を大いに飛躍させ、ワールドワイドなジャズの世界を創り出すことに成功している。
Opening-1は桑原のソロで始まり、従来なら長いソロで終わるところだが、途中からベースとドラムが加わりゲストの武嶋聡のフルートのソロへと続く。トリオでは聴けなかった新たな世界へさっそく引き込まれていく。
次のMAMAはいきなりDaichi Yamamotoのラップから入り、後半、桑原のピアノがブラスとともにスリリングに絡む。
Mother Seaは従来のトリオ演奏を最も継承している演奏といっていいが、後半からストリングス、さらには吉田沙良のボーカルが加わり様相がドラマチックに一変、重厚な曲に仕上がっている。
次のThe Errorはカナダ出身のサックス奏者Ben Wendeをフィーチャーした曲で、桑原もオーソドックスなジャズピアノを披露。
When You Feel Sadは寺山修司の「悲しくなったときは」を英訳した詩を吉田沙良が歌う軽快な曲で、桑原は珍しくエレクトリックピアノを弾いている。
Improvisation XV -Hommage A Edith Piaf-はフランスの作曲家フランシス・プーランクの曲で、徳澤青弦カルテットを主体とした演奏。
Mariaはレナード・バーンスタイン&スティーヴン・ソンドハイムの曲で、桑原と徳澤青弦のチェロのデュオ演奏。
919は再び桑原のオリジナル曲でハードなトリオの演奏。(ちなみに、919というタイトルは安保関連法が成立した2015年9月19日を指すらしい。)
Love Me or Leave Meはジャズボーカルのスタンダードで、吉田沙良が歌い桑原はブルージーな演奏を聴かせる。
そして、最後のタイトル曲To The End Of This Worldは、スローなオリジナル曲で鳥越啓介のアコーステックベースを加えたトリオの演奏で幕を閉じる。
全体的に様々な編成、曲調からなるが、桑原節といってもいい彼女独特のピアノ演奏が全体を貫いており、それがより大きなスケール感を獲得したという印象を受ける。
ジャズがグローバル化し、イギリス、フランス、ドイツ、ポーランド、オーストラリア等々、参加ミュージシャン自体はボーダレス化しつつも各国でニュージャズが盛況な現在、正直日本では優れた才能は海外に流出し、Jジャズそのものはそれら諸外国のジャズシーンからは一歩遅れをとっている感が否めないと思う昨今だが、桑原あいとザ・プロジェクトこそ、これからのJジャズの牽引役としても期待されると思う。



nice!(1)  コメント(0) 

カモメの幼鳥 [Photograph]

1.jpg

2.jpg

札幌南部の山々の朝

3.jpg

4.jpg

5.jpg

豊平川のカモメの幼鳥






nice!(1)  コメント(0) 

安倍首相、最高? 安倍首相、サイコ! [Politics]

1年以上にわたるモリカケ追及、しかもその過程で公文書偽造という絶対に許されないはずの権力犯罪さえ明らかになったにもかかわらず、アベは辞めることなく国会を逃げ切り、秋の総裁選ではマスコミ報道によると圧勝の勢いだという。国会終盤での立憲民主党・枝野代表の2時間43分に及ぶ憲政史上に残る名演説も、それが真っ当すぎるほど的を射た的確で魂のこもった演説であればあるほど、馬の耳に念仏、それがアベの耳に届かないもどかしさに、逆に空しさを覚えたのは私だけだろうか。
先の豪雨災害時のどんちゃん騒ぎや、その後の広島・長崎の被爆者への冷淡な態度、翁長沖縄県知事の死去への冒涜的な無視等々の報道やそれへの批判の声を聞いても、どうせアベには全く届かないと思うと、無力感に苛まれ、諦念に沈む人々も少なくなかろう。

サイコパスという言葉
そんな中で、最近、私の心をあるひとつの単語が捉え、これまでのもやもやを吹き飛ばし、ストンと腑に落ちるものがあった。それはサイコパスという言葉だ。
サイコパスという言葉はよく犯罪心理学で用いられ、凶悪な連続殺人犯などをイメージさせる単語なので、例えば半年ほど前にトランプはサイコパスだというニュースが流れたときも、「だったらアベも間違いなくそうだ」ぐらいに聞き流していたのだが、今回、少しこの言葉の意味を調べてみたら、サイコパスにも「犯罪的サイコパス」と「成功したサイコパス」があるそうで、後者には政治家としてヒットラーやトランプのような独裁傾向の強い者がいる。そして、ネットを検索してみると、すでに戦争法を強行採決した頃から、一部ではアベ=サイコ説が唱えられていたようだ。
カナダの犯罪心理学者ロバート・D・ヘアによると、サイコパスを「良心が異常に欠如している」「他者に冷淡で共感しない」「慢性的に平然と嘘をつく」「行動に対する責任が全く取れない」「罪悪感が皆無」「自尊心が過大で自己中心的」「口が達者で表面は魅力的」と定義しているが、政治に関心があり、この間、アベ政治を詳しく見てきた人なら、すべての項目がアベシンゾウに当てはまることが分かろう。アベの顔を見ると吐き気がするという人にとっては、表面的にせよ彼が「魅力的」というのは解せないかもしれないが、アベを直接知る人たちによると、アベは人受けがよく人好きのする性格だと異口同音に言う。例のスシ友たちも、アベに脅されておべっかを使っているのではなく、本当にそういうアベの人柄に惚れ込んで、アベ礼賛の発言を繰り返したり、忖度した報道をしているのかもしれない。
一方、政治に無関心で、NHK的に編集された国会答弁やアベが一方的に喋るインタビューなどでしかアベを知らない多くの国民も、そうしたアベの表面的な話術に騙されて、「安倍首相は頼りになる」「安倍首相しかいない」と思い込んでいるのかもしれない。

2つの局面で負けてきた反アベ勢力
反アベ勢力はこの間、大きく2度にわたってアベに負け続けてきた。最初は特定秘密保護法から始まって、戦争法、共謀罪に至る政策論争で、アベの強硬姿勢に押しつぶされてきた。各論では世論調査でどれも国民の過半数がそれらに反対したが、結局選挙でアベが勝ってきたということは、アベの打ち出す政策の真の危険性に理解が及ばず、それを自分たちの生活に結びつけて考えることができず、結局「安倍首相に代わる人がいない」「野党が頼りない」という印象操作に勝てなかったということだ。
そこに持ち上がった森友事件、加計事件だったが、韓国の例を持ち出すまでもなく、まともな民主主義国ならどちらか一つだけでも内閣が完全に吹っ飛んでいただろうに、それを隠蔽するために公文書の偽造という法治国家にあってはならない権力犯罪まで行っていたことが発覚したのだから、普通なら内閣が吹っ飛ぶどころか、政権与党は下野して少なくとも数年間は政権復帰が不可能となるところだろうが、マスコミの忖度・弱腰報道も手伝って、モリカケすらアベは乗り切ろうとしている。
「自民党」総裁選に出馬を表明した石破茂氏は、「①謙虚で正直で国民の思いに近い政治②透明・公平・公正な政治、行政③課題に正面から挑み決断する政治、の3点を「取り戻す」」と訴えた。本来なら政策論争こそたたかわせるべきだろうが、あえて政治のイロハに立ち返り、政治家としての倫理性を訴えたかたちだ。
要するに、モリカケを経て、この国の政治はまともに政策論争をたたかわせられる状況どころか、政治のイロハを問い返さなければならないほど、アベ政治によってメチャメチャに破壊され、荒廃してしまったということだ。国会で野党が首相を追及しても、その場逃れの「ご飯論法」で論点をずらし、ウソにウソを重ねる答弁を繰り返す。倫理も論理もへったくれもない。まともに相手をすればするほど、野党議員は徒労感を強くしていることだろう。
そんなめちゃくちゃな首相は、憲政史上、かつてひとりもいなかった。時に強行採決という民主主義のルールにもとり与野党の信頼関係を損なうようなことをすることがあっても、最低限の政治倫理は守られてきたし、野党の追及に時の首相はそれなりに真摯に答えてきた。そして、閣僚にスキャンダルが発覚すれば、結局は辞任や罷免に追い込まれ、政権全体を揺るがすような不祥事では、内閣が総辞職してきた。そうして、かろうじて議会制民主主義のルールは守られてきた。

最後に残された反アベ勢力の叫ぶべきスローガン
それを根本から破壊してきたのがアベシンゾウだ。そして、それがアベにできるのは、アベの「良心が異常に欠如している」からであり、「慢性的に平然と嘘をつく」ことができるからであり、「罪悪感が皆無」であり、職員が自殺しようが、被災者が大変な状況にあろうが「他者に冷淡で共感しない」し、「私や妻が関係していれば首相も議員も辞める」と言いながら屁理屈をつけて前言を修正するように「行動に対する責任が全く取れない」からである。
そのような者には、首相どころか国会議員もさせてはならない。政治家には主義主張以前に、他者、とりわけ社会的弱者への熱い共感が必要であり、その行動に責任が伴わなければならないし、ウソをつかず、良心に従って行動しなければならないからだ。
モリカケでも動かすことができなかった国民を動かすには、もはやこのことを国民に広く知らしめる以外にない。
王様は裸だ!
ではなく、
安倍首相はサイコパスだ!
と。




nice!(1)  コメント(0) 

 [Photograph]

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

「第二の敗戦」まで行き着くしかないのか?ーだが「戦後の繁栄」は保証されていない [Criticism]

モリカケでアベを倒せなかった代償
第2次アベ政権発足後、私はこの政権はスキャンダル以外に足をすくわれることはないだろうと思ってきた。それほどまでにこの政権は盤石で、用意周到に見えたからだ。だから私は、自覚した市民がいくら「戦争法反対!」を叫んで国会を包囲しようとも、この政権には痛くもかゆくもないだろうと、冷ややかな視線で見ていた。だが長いこと、アベに大きなスキャンダルは発覚することがなかった。
そこへ、思ってもいない森友事件が大阪の一市議によって掘り起こされ朝日新聞によってスクープされたとき、私は千載一遇のチャンスが訪れたと思った。ところが、自覚した市民の反応は、当初冷ややかだった。多くの国民にとっては「どうでもいい」戦争法反対や共謀罪反対をあれほど叫んだ市民らが、多くの国民にとってある意味下世話な関心を引くであろう政治スキャンダルになぜ触手を動かさないのか、私には理解しかねた。前年、韓国のキャンドル革命を目の当たりにしていただけに、その落差には愕然とせざるを得なかった。
しかし、森友に輪をかけた加計事件が発覚し、事態は急展開した。アベ政権の支持率はようやくデッドラインへと近づいた。私は、今度こそアベ政権の息の根を止める時が来るだろうと確信した。
だが、北朝鮮の核・ミサイル問題を最大限利用したアベは、Jアラートで国民を脅しまくり、挙げ句の果てに「国難解散」に打って出て、それに呼応した前原民進党代表の解党アシストも手伝って、アベは延命に成功した。
ところがさらに、今春に発覚した森友事件をめぐる公文書偽造という前代未聞の一大国家犯罪という信じ難い事実を前にして、私はみたび、今度こそアベも万事休すだろうと信じて疑わなかった。今までいくつもの証拠をつきつけられても白を切り通してきたアベも、この隠しようもない重大犯罪事実の前には、もはや言い逃れできないだろうと、私のみならず、大半の人々が思ったのではなかろうか。
にもかかわらず、マスコミの弱腰にも助けられ、アベは完全に居直りを決め込み、三歳児の言い訳にも劣る「ご飯論法」で国民を愚弄した。ことここに至ると、もともと政治的無関心という業病に冒されていた大半の国民は、さらに諦念という病に深く蝕まれ、一時一定の盛り上がりを見せた市民の動きも、再び高揚することはなかった。幼稚きわまりないアベの計算され尽くした策略通りの展開になったというわけだ。
その後も、加計孝太郎のアリバイ会見やオウム処刑前夜の豪雨災害が予測される中での政権中枢の酒盛りなど、醜悪きわまるアベとその仲間たちの醜聞は続発したが、もはやアベという幽霊政権を祓い除ける機会を、この国の国民は永遠に失ってしまったかのような暑苦しく澱んだ空気が、今、日本列島を覆い尽くしている。
そうした中、秋の「自民党」総裁選でのアベの3選がすでに確実視されている。かねて言ってきたように、それを許せばもはや壊憲を阻止することはできず、アベ独裁は完成形へまっしぐら、恐らくアベの肉体の死なくしてアベ政権の死はなく、アベが物理的に倒れることなくしてアベ政権が倒れることはあり得なくなるだろう。
すでにこの国は、法も正義も通用しないならず者放置国家になり果て、形だけの民主主義も朽ち果て、いちおう現行憲法で認められた権利がかろうじて保障されるだけのソフトな独裁政権への移行が完成している。無関心と思考停止のこの国の国民にとっては、それでもアベの世の継続には十分すぎるほどの保証を与えているのだが、それに飽き足らないアベは、壊憲をテコにして引き続きハードな独裁政権へのシフトを図っていくことだろう。
こうなった以上、もう、落ちるところまで落ちるしかない。一億総玉砕で完膚なきまで破壊され尽くし、「第二の敗戦」の日を待つしかない。それが果たしてどういう形の「敗戦」なのかは予想できないが、70余年前の焼け野原のような荒廃し尽くし、すべてを失った「敗戦」だ。

「戦後」にありうる3つの道
問題は「戦後」の迎え方だ。いや、そもそもそのとき、私たちには「戦後」が保障されているかどうかすら覚束ない。「敗戦」は滅亡とイコールかもしれないのだ。最悪の場合、私たちはそのことも覚悟しておかなければならない。この道を選んだ代償はそれほどまでに大きいのだ。
また、幸いにも「戦後」を迎えられたとしても、先の敗戦のように、何の反省もなく、何のけじめもつけずに、ただただ与えられた戦後体制に順応していくだけだったら、やはり私たちには「戦後の繁栄」は訪れないだろう。早晩、「第二のアベ」が出現し、私たちを「アベの世」に引き戻していくだろう。
そうではなく、「第二の敗戦」をしっかり総括し、二度と同じ過ちを繰り返さない血のにじむような努力を続けたときのみ、私たちには「戦後の繁栄」が初めて可能になるだろう。そしてそれは、正真正銘の革命によってのみ手に入れることができるだろう。つまり、アベを許したあらゆる病根を根こそぎ根絶やしにし、二度とアベの出現を許さない社会をゼロから作り直していくことによってのみ、その革命は成就されるのだ。しかも、それは私たち自身の手によってのみなし遂げなければならないし、私たち自身の手によってのみなし遂げることができることなのだが、同時に、私たちにその革命をなし遂げる能力があるかどうかは未知数だ。なぜなら、私たちは長い歴史の中で、かつてただの一度も革命の偉業をなし遂げたことのない類い希なる民族なのだから。


nice!(0)  コメント(0) 

in Sapporo [Photograph]

P1170417.JPG

P1170703.JPG

豊平川河川敷のヒバリ

P1170738.JPG

成長したマガモの親子

P1170794.JPG

P1170820.JPG

山鼻川


nice!(0)  コメント(0) 

注目すべきアルゼンチンの実力派BERNARDO CASAGRANDEのアルバム(My favorite jazz) [Jazz]

bernardo.jpgBERNARDO CASAGRANDE QUINTETO + ORQUESTA COMUNION
アルゼンチンのラ・プラタを中心に活躍するBERNARDO CASAGRANDEは今年33歳になるサックス奏者。ギターを加えたカルテットにストリングス6とブラス4のオーケストラ+女性ボイスによるアルバムCOMUNIONは、聖体拝領(ミサ聖餐においてキリストの体となったとされるパンとぶどう酒を食すること)という意味。音楽に宗教臭は感じられないが、全体がひとつの組曲のような壮大な趣がある。オーケストラは控えめながら、女性ボイスとともに随所に効果的に使われ、サウンドに厚みを持たせている。ラテンテイストに貫かれながらも、独特の世界観=音楽観を紡ぎ出していて、何度聴いても飽きない。カルテットのメンバーも実力派揃いで、味のあるソロを聴かせてくれる。それらをバックに、テナー、アルト、ソプラノを自在に使い分けるBernardo Casagrandeのサックスが光る。けだし傑作!

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -